六曜カレンダー 赤帽古田引越しサービス

  

  六曜 

 

六曜は中国で生まれて日本に渡って来たといわれ、行事の日取りを決める時の一つの参考にされてきました。
六曜とは先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口のことで、結婚式の日などは「大安」や「友引」。葬式などは「仏滅」に合わせて行なわれる事が多いようです。

    

 

大安 (たいあん)   友引 (ともびき)  
  • 【大いに安し】の意味。吉日とも称される。「だいあん」とも読まれるが、昔は奉安と記されていたので、「たいあん」の読みのほうが適当。
       
  •  大変めでたい日、万事に用いて吉、成功せざることなき日、婚礼に特によい。
    すべてに吉、とくに旅行・開店・結婚など吉。

 

 
  • 凶事に友を引く、凶禍が友に及ぶの意味。
    この日に葬式・法事を行うと、だれかが死の世界へ引かれてしまう。
    この日に葬式を出すことは厳に慎むべし。

    

先勝 (さきがち)      先負 (さきまけ・せんぷ)
  • 【先んずれば即ち勝つ】の意味で、速喜・則吉と書かれていた日。
      
  •  早ければ吉、急げば幸運が舞い込んでくる。急ぐことよし、訴訟事よし。万事に急ぐことがよく、急用・公事・訴訟など先手によい。
      
  •  「午前中は吉、午後2時より6時までは凶」と言われる。 
       
  •  午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされる。
      
 
  • 先勝の逆で、【先んずれば即ち負ける】の意味。 
      
  •  万事に平静であることが良し。勝負事や急用事はなるべく避ける。控え目にして、相手の仕掛けてくるのを待つのが良い。
      
  •  先へいってよくないということから、お見合いも避けたほうがいい。
       
  •  朝から晩までは凶、昼すぎから日暮れまでは吉。

       

仏滅 (ぶつめつ)    赤口 (せきぐち)
  • 【仏も滅亡するような最悪の日】の意味。
      
  •  もともと、空亡、虚すべてがむなしいと意訳して物滅、これが転じて仏滅となったが、お釈迦様の命日とはまったく関係ない。
      
  • この日は、六曜のなかの大凶。葬式は、友引は避けるが、仏滅の日に出す人もいる。
    祝事・法事など万事に凶で、何事もうまくいかない大悪日。
    この日に婚礼などの祝儀を忌む。
    この日病めば長引く、移転・開店も忌み禁じる。
      
 
  • 【しゃつく】 赤口日は、陰陽道でいう凶日の一つで、六曜の歴史の中で、唯一変化しなかったもの。
      
  • 赤が血を連想させるところから、大工、板前など刃物を持つ人たちは、特に要注意の日。火の元には注意。
            
  • 祝い事には大凶。ただし法事、正午だけは良いと言われる。

 
              

当社はお電話に依るお見積りです お気軽にお問合せ下さい ひとり住まい・学生さん引越し 家電製品・家具の配送

 
無料お見積り・お問合せはこちらから お問合せ時間 8:00〜20:00 土日祝 可

 

  

       

2017年度 六曜カレンダー

 

12月
 日
          1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
仏滅
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30 
大安
31
赤口
           

23日=天皇誕生日